久々の千葉県戦で壊した話

2020年8月、久々にオートランド千葉のダートラに出た。前回出たのは二十んねん前のフレッシュマンシリーズ。さすがにフレッシュマンは・・・と言われたので県戦にエントリーしたのだが、結果は惨敗11位。

実は一本目に林道区間でコースを見誤り突っ込んでストップ。この時に色々トラブっていたのに気づかなかった。
二本目出走しようとエンジンかけたらエンジンチェックランプが・・・アイドリングはまぁ普通なのでセンサーが何か調子悪いとかかな?と見て見ぬふりをしたが、結局全くパワーが無く、上記の成績。(そのせい、ってことにしたw)

この日は自走で行ったので、帰り道首都高で様子を見ながら帰ったけど、一応エンジンは吹くしブーストも数字を見てるとちゃんとかかるっぽい。ただ、少し高めになってるな・・・?あとアイドリング時の負圧が少し高いな・・・ぐらい。(このアイドリングの負圧が微妙に高いのはちょっとやな感じ)

次の日から故障探求を始めた。

画像

まずはエンジンチェックの内容を確認。どうも「カムポジションとクランク角の位置関係がおかしいですよ」というエラーのようだ。やっぱりセンサじゃね?

画像


と、カムポジションセンサとクランク角センサをチェック。Tカーからもってきて交換しても、エラーを消してもすぐにエラーを検出してしまう、ってことは、センサーは正しいっぽい。断線等でもない。

画像
画像

タイミングベルトのゆるみとかも見てみても特に何もなし。

画像

じゃぁ、本当にカムポジションがおかしいのか?とチェックしようにも、色々調べたけど、
 ・このエンジンにはカムプーリーの合いマークが無い
 ・クランク側のスプロケットにもマークは無い
 ・カムカバーを開けてカムを見ることもできない(F6Aみたいな感じ)
 ・なんとカムプーリーとカムの位置を決めるノックピンすら無いらしい
 ・タイミングベルト交換等でカムタイミングを決めるためにはSSTが必要
といった感じ。ヨーロッパ車には多いらしい・・・なんちゅうエンジンや。

よっしゃ、しゃーないSSTを買うか!と思い立ったが、その前にSSTを突っ込む穴(カムに切り欠きがあってカムが正しい位置に来るとSSTが奥まで刺さる、という構造)を見れば粗方カムの位置は解ることに気づいた。また、クランク側も合いマークは無いものの、ボルト位置とクランク角センサの位置関係でポジションが出せることが判明。

それで位置を出して見ると、タイミングベルトが一コマ飛んでいると考えると辻褄が合うことがわかった。3回ぐらいやり直したから間違いない。

画像

というわけで、ここまでわかればあとはやってみるだけ!ベルトを外さずにコマの位置をずらす秘儀コマ飛ばしと使って一コマずらしてみた。
ら、位置関係は問題なくなった。手でクランク回してみても当然バルブとピストンの干渉は無さそうだ。

というところで組み上げてECUのエラー消してエンジン始動!
現象は再現せず無事に直りました・・・とさ。

画像


しかし、ダートで刺さったって言ってもロアアームが少し下がった程度、自走で帰ってこられる程度の刺さり方してベルトのコマ飛びするの・・・?

WG64Tタイタンのクラッチを交換してみた

 2020年のゴールデンウイークは新型コロナウイルス対応で Stay Home Week を余儀なくされた。例年ならダートラの練習に行ったり本番に遠征したり、ついでに少しばかり観光したり・・・していたのが何もできない。ので、普段できないことをやることにした。

 最初はトラックのクラッチ、今庄で場所借りてやるかなぁ・・・と部品はちまちまと買い集めていた。が、外出自粛・県境またぎ自粛のなか今庄まではいけないし、家で砂利の駐車場でなんて考えられなかったので、頼むことにしてた。実際ざっくり工賃聞いたら意外と安かったし。

 Stay Home Weekに入り、せっかくだから腐って足で踏みぬけてしまう荷台の板を張り替えよう!と思い立ち、床板をべりべりはがしました。腐ってるので本当に「もげる」。

 荷台の床板はがしたら当然だけどミッションが見える。見ていたらなんかクラッチ交換ぐらいできる気がしてきた。ある意味FFのミッション下ろすより簡単じゃね!?

 てわけで無謀にもクラッチ交換にチャレンジ。とても重たいので(当然)タイヤラックにチェンブロとガッチャでミッションを吊って

普通に下りました。所要時間2時間。初物だし注意深く進めたからこんなもんじゃない?

 このあとベルハウジング掃除して(スゴイカスだった!)、せっかくだからミッション側のアウトプットシャフトのシール交換して。

クランクシールも交換したかったけど、フライホイールのボルトを緩めることができず断念。

 クラッチカバーを外してみると、フライホイールに変な跡がありました。クラッチディスクも同様に凹凸ができています。どうやらクラッチ交換歴あるようですが、前回交換時にクラッチのリベット出るまで使っていたせいでフライホイールに凹状のへこみができたと思われます。現在走行距離40万km。うちにきて20万km走ってこのクラッチの状態、前の20万kmでどんだけクラッチを酷使したのでしょうか・・・?

 クラッチ組むのも重たいだけで基本通りに。

 大変なことになっていたミッションマウントも交換!さすが40万km!

 無事に合体!しました。会社行く前に30分ほどでチャレンジしたのですが、意外にスプラインほぼ一発でいってくれました。

 これであと20万km乗れるかな!?

メンテナンス三昧

新型コロナ対応で不要不急の外出を自粛する週末が続いていますが、その間にやれることをやろう!ってメンテナンス三昧。
今日は調子悪かったタイタンのスターターをOHしようとバラしだしたら、ボルトは折れるし、雨は降ってくるわで、中途半端な状態で終わってしまった・・・
このままではタイタン動かせないから(動かす用事もないけど・・・)、来週には何とか・・・

2020年あけましておめでとうございます

このnazotune.comも仕事の忙しさにかまけて放置状態で2019年は過ぎ去ってしまいましたが、ネタは結構貯めてあるので、2020年は少しでも放出できるように頑張りたいと思います。
もちろん、ダートラも頑張りますよ!!はよーパーツよ来い!!

と、いうわけで相変わらずご愛顧よろしくお願いいたします。

(続)あのダートラ場は今・・・

あのダートラ場は今・・・公開してみると結構忘れが(汗)

というわけで早くも第二弾。

まずは福島二本松のSSパークサーキットダートラ場。写真ではサーキットの形のままですが、ソーラーパネルが設置されてるとのこと。このコースも好きだったなぁ。

続いて中部は伊豆モビリティパーク。元々クロカン用のトライアルコースをダートラに転用していたのですが、コース自体閉鎖。コースだった場所は地図の「伊豆モビリティパーク」の「ク」の字の辺り。立派にソーラーパネルが敷き詰められています。

お次も中部、パルクフェルメ半田ダートトライアルコース。ここは元々豊田自動織機の遊休地を借りた形でダートラを開催していました。舗装の駐車場ではジムカーナ練習会もしてましたね。で、工場が建つということでダートラ場は終わり。写真の東知多工場の建物1棟の面積がほぼダートラ場でした。

今回はここらで。

(やりだしたら止まらんやん笑)