Homeダートトライアル/走り › 西日本ダートフェスティバル

西日本ダートフェスティバル

西日本ダートフェスティバル、コースオフィシャルとして参加しておりました。
土曜日の公開練習は晴れでよかったのですが、日曜日の本番はあいにくの雨。
そんな中、ポスト業務を行いながら皆さんの走りをじっくり見ていましたが、他地区はもちろんのこと、地元でもみなさん攻略に苦労されてましたね。大会終わって今更ですが、反省材料ということで気づいたことを書き留めたいと思います。
(完全評論家モードなので、自分ができるかどうかは別ですよ(^^;)

コース図は以下のとおり。
[P1]の場所が私達が居た場所です。
course

私から見えていたところで今回皆さんが苦労されていたのが、コース図の①の次の左コーナー。
どうもイメージの作り方が悪いのか、慣熟歩行の時と雰囲気が違う?のか、入り口を間違える、もしくは止まりきれないような挙動を示す選手が多かったですね。
コース図の①を立ち上がったところから前方を見た風景が次の写真です。
c1
立ち上がった時には次に入るべきコーナーの入り口しか見えていません。
コーナーを立ち上がって直線でアプローチすれば行き過ぎるということはなかったでしょう。
しかし、多くの選手がコーナー間のつなぎ方があまり美味しくない組み立てをしているように見受けられました。
慣熟歩行中に情報収集も大切ですが(私も大好きでコースなんかろくすっぽ見ずに歩いてること多いですが(爆))
人垣が無くなった時にどう見えているのか、よく確認が必要です。

次はギャラリーコーナー内側を立ち上がってコースを左手から右手へと横断する高速?コーナー。
雨で滑りやすい路面であるにもかかわらず、横Gをタメてフラフラになる選手が結構いましたね。
コース図の②を立ち上がったところから前方を見た風景が次の写真です。
c2
路面は走行終了後のものなので、みんなの通った色んなラインがあることがわかりますが、
正解は右手ギリギリいっぱいしかも直線的に写真の矢印の島ギリギリを狙うラインです。
島からしばらくは右手のラインでその先の左ターンへのアプローチにつなげます。
これを道なりにいくと大きなS字を描くラインになり、破綻するとスピンです。
ドライ路面ならばまだしも(それでも正解は上記ラインだと思います)、滑りやすい路面ではライン一つでクルマの動きが全然変わってしまいますからね。
改めて、慣熟歩行における走り方の組み立ての重要さがわかります。

その先の左ターンのアプローチも、う~ん・・・な方がほとんどでした。
滑る路面は怖いですからねぇ。

最後にタイヤ。
ドライならドライタイヤで迷うことのないオートパーク今庄ですが、ウエットとなると皆さん悩まれていましたね。
実際、全日本選手権ではドライタイヤ、超ドライタイヤがいいタイムを出していることもあります。
今回は雨量も微妙だったので私はウエットタイヤだろうな、と思っていましたが、
選手が走るのを見ているうちにドライは無いな、という結論に至りました。
それは、みんな走るラインがバラバラでいわゆるレコードラインができないんですね。雨量が微妙なうえにそれではちょうどよく滑るひたひたな泥が路面に乗っている状況になってしまい、ドライタイヤではなかなか攻略が難しいかと思います。
先入観でタイヤチョイスはひょっとしたら罠にハマる可能性がありますね。
客観的な分析をもってチョイスしたいものです。
(今回のタイヤ選択、私にたまたま相談された方には絶対ウエットだ!と申し上げましたが。)

何はともあれ、皆さんお疲れ様でした!

※写真は大会終了後片付けの時に撮影したものですので、パイロンが無い等走行時とは一部異なります。

|

4 Comments.[ Leave a comment ]

  1. あえ86dc2

    ほうほう、勉強になります

    なかなか納得いく走りができません

    アドバイス下さい(T ^ T)

    • 先生、勝ったからいいじゃないですか!

      走り、当然見てましたけど、68点・・・かな(^^;
      当然、アプローチ等他の選手より上手いんですけど、
      精度が悪いというか、何となく入ってからごまかしているというか。
      そこは悠太先生は二本目は良かった。(一本目は・・・)

      とはいうものの、何をもって納得いくのかわからないので
      まともなアドバイスできないですね。
      貴男にアドバイスできるほどの力量もないですが~

  2. 僕もアドバイス下さい。
    ところで1本目、フロントが止まらずに真直ぐにテントに向かったのは気付かれて
    ましたか? かなり、本人はあせってました!
    😥

    • アドバイスって・・・
      曲がるクルマに!
      いや、クルマさっさと替えましょう(^^)

      テントにまっすぐ向かってきたクルマは無かったような???

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.