2016年全日本ダートラ第六戦@丸和っ!

必勝態勢の門前を落とし、切谷内はパルクフェルメに止まることすらなく、中だるみの様相を呈していた中盤戦。
第六戦は撃沈した開幕戦と同じく丸和オートランド那須での開催でした。

コース図が公開されると、ここ数年の開幕戦と違いAコース変形。他地区の人間には圧倒的不利!と思われるコース。これはどうなることかと思ったけれど、何とか2番手に滑り込むことができました!

13667875_1027650527356212_1293480086684326975_o

シリーズを考えると本当は勝ちたかった!けど、相手の土俵で2番手は最低要件は満たしたかな。

と、思ってたけど、映像見てると下手で凹むなー。

てわけで、今回新規導入のバンパー目線カメラ。実は車載はなぜかタイムラプスモードになっていて静止画が山盛り撮れてました・・・てことで、今回はこれしかない。
エンジンの前にあるせいか、室内のカメラよりエンジン音がよく聞こえて、アクセル抜いてるのがバレバレですね(^^;

2016年全日本ダートラ第四戦@門前は・・・

惜敗・・・ってことにしておきます。
今年こそは輪島塗のカップを!
と意気込んで臨んだ門前の大会。

タイヤを新発売のA053の195/65-15を投入。
浮き砂利路面もこれまで以上に行けるはず!

一本目は良かったんです。
まずはタイヤのお手並み?拝見・・・といった感じで攻めてみたら、
なんか不思議とそこそこうまく乗れた。
結果、ベストで折り返し。

二本目、路面がもっとザクザクになると読んでいたのですが、
今年もまた路面の作り方が違うようで、今年はなぜかあまり掘れない。
むしろ固い路面が顔を覗かせています。
ここでタイヤをA053の215サイズ(これまで使ってたやつ)にしようと思っていたのですが、
レギュレーション上それはできないことが判明。
かといって、こんなんになるなんて思ってないからA036も持ってきていないので、
結局一本目と同じタイヤで走ることに。

スタートしてすぐに「スピードが乗る!」と思ったのも束の間、
北陸コーナー入る手前でシフトミスをきっかけにオーバーラン・・・終わった・・・
と思ったが、一応最後まで攻めましたが、リズムが悪くメロメロ。
普通に走れば勝てた可能性が高かったのに、
またもや普通に走ることができずに撃沈。
精神力を強くするか、環境に左右されない何かをするか・・・考えなきゃいかんな。

・・・と、反省していたのですが、
区間タイムを見てびっくり。
二本目、オーバーランをした前半区間はそれでも区間2番手。
後半で遅れていることがわかった。
と、いうことは・・・心当たりは・・・。

後半戦に向けて、運転手のスキルアップ、プレッシャーにやられないための工夫、等々、
進めていきたいと思います。
まだまだチャンピオンは狙える!!と自分を鼓舞して。

スナガワの写真いただきました♪

CMSCの須賀さんから、優勝祝いの写真いただきました!
いつもありがとうございます。
いやー、写真で見るとかっこいいわ(爆)

慣熟歩行中に須賀さんにはお会いして、
「お祝いの写真いただけるようにがんばります!」と言ったのが自分、
「もう送っといていいですよ!」と言ったのがN1ウイナーの細木君。

細木君、有言実行すげーわ。

■一本目
nakashima SNG_2205

nakashima SNG_2215

nakashima SNG_2223

■二本目
nakashima SNG2_4416

nakashima SNG2_4434

2016年全日本ダートラ第三戦@砂川も勝った!!

てわけで、全日本ダートラ第三戦、砂川ラウンドも勝っちゃいました!!
sunagawa_prize
(写真は前田蔵人氏のFacebookより拝借致しました)

全日本@恋の浦で勝ったあと、
ゴールデンウイークは練習したものの、
世界の新井敏弘選手からの課題を自分のものにすべく今庄で走って迷子に(>_<)
更に門前の地区戦に出るも走りのリズムが悪く勝てず・・・

てな状態で全日本ダートトライアル選手権第三戦、砂川ラウンドへ。
会社をそろーっと抜け出して準備。舞鶴から乗った行きのフェリーでは飲みすぎてグロッキー(-_-;
金曜の夜は小樽で、ビール一杯しか飲めないぐらい体調悪し・・・

土曜日。何とか体調は持ち直しての公開練習はショートコースでコースの雰囲気を思い出して
1位で終了。でも走ってない人も多いから気にせず。
土曜の夜も宴会!フツーに飲み食いできて幸せ!!
松尾ジンギスカンは関係者だらけでした。

さて、日曜日本戦当日。
前日夕方から降った雨のおかげで散水要らずの柔らか路面。
完熟歩行で軽く泥だらけ。
この日のために購入したウエットタイヤ、まさか使うことになるとは!
というわけで、ヨコハマ A031を装着してのトライ!
空気圧はF2.1 R2.0。

長いストレートエンドの1コーナーぐらいは、ゴールデンウイークからトライしている
「慣性からの姿勢変化の後のブレーキング」を・・・と思いつつスタート。

しかし、いくら広くても130km/hとかからハンドル切ってからブレーキングなんて無理・・・!!!
と、1コーナーからフツーの走り。
がんばって走ったといえばがんばって走ったのだけれど、
イメージとはちょっと違うんだよなー
てところで、トップの工藤店長からコンマ3秒弱落ちの2番手で折り返し。

昼の完熟歩行時にはコースには泥もなかったものの、
代わりに大きな穴が2箇所。
こりゃーハマッたらタイムダウン必至だな・・・しかし、よけつつ速く抜けるラインを考えないと。
しっかり慣熟歩行2周で4kmぐらい?この週末はよく歩いた、いや走った!
タイヤは迷わずヨコハマ A053に交換。
空気圧はF1.7 R1.6。
一本目一位の工藤店長陣営がタイヤを偵察にやってきたけど、
うちのクラスでヨコハマ履いてるの自分だけだし参考になるのか!?

スタートラインに並び「自分の走りをするんだ、それで負けたらそれだけのもん。」と言い聞かせ、
あ、忘れてた、「視線は極力遠くに置くこと!」と更に言い聞かせ、スタートフラッグが振られるのを待った。

路面が乾いたせいもあり、1本目よりも速度が乗る。
それを何とかねじ伏せつつ思うラインに・・・と思って走ってるのだけど、
車載で見るとステアリングはソーイングしてるし、突っ込みすぎ抑えすぎ満載でカッコ悪い(-_-;
大きな穴は何とかイメージに近い感じでよけられたと思うけど。
それでもゴール直後はすぐにはクルマから降りられないぐらいフラフラでした(運動不足!?)
最終走者のチャンプ稲葉選手が私のタイムを抜けなかったため、何と優勝!?
これには自分でもびっくり!

表彰式では色んな思いが頭の中を駆け巡ってしまい
ちょっと言葉に詰まっちゃいましたが、
「勝てるコースは良いコース!」でちゃんと締められました。
また良いコースがひとつ増えてしまった(笑)

2本目の激走のせいで右前のダンパーを破壊してしまい、ちょっと高くつきましたが
堂々のシリーズリーダーに立ちました。
しかし、走りは全然納得いっていないので、まだまだ修行の道は続きます・・・

北海道準備

今週末は全日本北海道ラウンド。
北海道に向けて準備しましたよー。
dsc_1182.jpg
メインメニューはテインさんから帰ってきたダンパーへの交換!

と、その前に、
先日の門前の地区戦で折れたドライブシャフトの代わりに現地で急ごしらえしたドライブシャフトを、もう少しちゃんとしたやつにすべく一本組み上げ。
dsc_1181.jpg
といっても、グリスを入れ替えたジョイントを組み合わせて一本作っただけですが。
どうせフロントダンパーも外すので、ついでに交換できるから。

そして、メインディっシュのダンパー交換。こんなの一台分小一時間で終わるわー、と始めました。
何か車から抜け難いなあ・・・と思いつつ外して、スプリングとアッパーと組み替えて、さてクルマに取り付けるか!
と付けようとしたら、あれ?入らん・・・??
て、よくよく見てみたら、アッパーマウントが変形して、取り付けボルトが開いてました。
まぁよくある突き上げでの変形ですね。
dsc_1183.jpg

ハンマーで殴ってみたりちょっと抵抗しましたが、手持ちの道具じゃ修正は難しい、というかびくともしない。
油圧プレスがあれば修正できるけど・・・
さて、どうしたものか。

て、ところで、思い出した。
FTOで使っていたアッパーマウント!
dsc_1184.jpg
ガレージから引っ張り出してきました。
実はFTOのとき、リアに流用ダンパーを使っていたことがあって、ケースが長い分をアッパーで逃げようと、たまたまあったDC5インテグラのアッパーマウントをちょっとだけ加工して使っていたんです。
FTOの部品はほとんどあげたか捨てたかでもうありませんが、アッパーマウントは使えるな、と思って取ってありました。
ラッキー!

ってことで、無事にダンパーは組み上げて、今年仕様の足回りに変更完了。
いくぜ!北海道!!