3つのC

かなり忙しかったり、
サイトに悪意のあるコードが埋め込まれたりして、
しばらく更新できていませんでしたが・・・

皆様ご存じの通り、2016年シーズンは全日本シリーズチャンピオンを獲得。
JAFの表彰式は何とか無理やり出席、
あちらこちらでおめでとうと言われ祝っていただき、
先日鈴鹿で行われたJAF中部の表彰式でも特別に表彰していただきました。
(中部ランキング5位の表彰もありましたが(^^;;;)

そーいえば、昨日鈴鹿の帰りにあべれいじを聞いていて、
鈴鹿で話したこともあり、「チャンピオンになるために必要な3つのC」なんてのを考えていました。
それは・・・
ライバル(Competitor)
コース(Course)
そして、自分が走り続けること(Continue)
今度チャンピオンを獲ったら使おう(笑)

これで、公のチャンピオン関連の行事は終わったかな。

てわけで、すでにチャンピオンマシンは岡山に嫁いでいったので、
2017年新たなチャレンジのための次のマシンの製作は進めています。

先日も

ミラージュ用のタンクガードぶった切って、タンクガード作りました。

次のマシンは近いうちに公開できると思います。
今年もがんばるぞー!

売ります!チャンピオンマシン(^^)

ちょっと色々忙しくて更新できてないんで、いきなりな感じですが、
うちのクルマ売ります。
詳しくは
http://nazotune.com/cgi-bin/SaleBuy/SaleBuyBBS.cgi
に書いてますんで。
価格、支払方法等は相談可能かな。

2016年全日本ダートラ第七戦@今庄♪

全日本ダートトライアル選手権第7戦、スーパートライアルin今庄、勝ちました!!
14207854_1057147827739815_6692659561822861722_o
 参加者の中で一番コースに居る確率が高い男として、何としても勝ちたい今庄。昨年は大雨に見舞われ崎山EG6にやられ、それから崎山ショックで立ち直るのにも時間を要したが、2016年シーズンはシーズン序盤に2勝を挙げ、中だるみはあったものの同率ランキングトップでここまで来ました。
 しかしランキング上位は混戦でシリーズチャンピオン獲得のためには落とせない一戦、今庄ラウンドでした。
 全日本開催の直前に地元からのクレームで多量の散水が想定されていた今大会、事前の練習でも散水を念頭に置いて、散水されていないインベタだけで走る練習や、散水路面に対するタイヤのマッチングテストも行い準備万態で挑みました。

 土曜日の公開練習。埃対策のための散水は各ヒート前、SA1クラス前、SC1クラス前ということで、SA1クラスの我々の時にはやはり公開練習からベタベタ、人間が干上がるほどの暑さにもかかわらず、路面はしっとり。
 それでも今庄ならば・・・と、公開練習1回目はテストも兼ねて超ドライのYOKOHAMA A036でトライするも最終コーナー止まりきれずに下位撃沈。公開練習2回目は悩みに悩んでYOKOHAMA A053の195サイズ(細いほう)で行ってみたが、タイムはそれほど伸びず。どーしたらいーんだー!?と叫び続けて終了。

 本戦当日朝は晴れ。心配された午後からの雨予報もなんとか天気が持つ方向にずれたようで、一日ドライ路面(ただし散水付)でやれそう。
 昨日の悪夢は本戦当日はまた路面が違う、他の条件も違う!と自分に言い聞かせてリセット。朝の慣熟歩行では路面の状態をよくチェック。ベタベタに散水されているからこそどこが柔らかいかよくチェック!
 慣熟歩行中はベタベタだった路面もグングン上がる気温と熱い走りで乾いてしまい、N2クラスが始まるころには土埃が上がり始めた。これは我々の前の散水は結構な・・・と思っていたら、案の定(T_T)
 しかし、そこはシードゼッケンの特権?じっくり散水量と散水ラインを見極めてから出走準備へ向かいました。タイヤはYOKOHAMA A053、215/60-15、全幅の信頼を寄せるタイヤです。じっくり見極めすぎてちょっとスタートラインに並ぶのが遅れて色々焦りましたが、スタートラインに並び、心を落ち着かせ、静かにスタートを待ちました。
 イン攻めを基本としつつも路面のいいところがあればそこも使うぞ・・・と言い聞かせて、スタート。


 スタートしてすぐに左に曲がり、その先の右ターン。インにかじりついて・・・!と進入。「を!意外とタイヤ食う!!」そしてインベタで立ち上がり。路面が黒いところも多く見えるが、見た目ほどグリップは悪くない。途中、ターンからの立上りでシフトミスをしてタイムロスしたけれど、それ以外はよく攻められたと思う。

 ゴールした時点ではベストタイム。しかしクルマから降りる頃にはチャンピオン稲葉選手がゴールしてさらにベストを更新。というわけで一本目は二番手で折り返し。後で聞いたら稲葉選手はDUNLOP SP74R(砂利タイヤ)を履いていたそうで、それであのタイム!?とちょっとびっくり。しかし、自分のチョイスは間違っていなかったと確信しているので、二本目勝負がどうなるか楽しみに。

 勝負の二本目。またもや直前まで散水量と散水ラインを見極めて。散水は一本目よりかなりあっさり目。しかし、散水車に松脂を入れているのを見ているので、滑り方はちょっと予想がつかない。しかし、インベタラインならば超硬質路面用のYOKOHAMA A036で勝負できると踏んで、電話でサービス隊長にタイヤ装着をお願い!
 この大会、元全日本ダートトライアルN1チャンピオン山本悠太がお遊びでラリー車86でSA1クラスにエントリーしていたのだが、出走列に並ぼうとパドックを出ようかな、という頃に私の一本目のタイムを抜いて帰ってきた。さすがに86に負けるわけにはいかない!


 これまでのことも、これからのことも、一切考えず。心を落ち着けてスタート。イン-イン-インのラインを確実にトレース。ハンドルをバタバタ回してるのも自分でわかるけど、もうどうしようもない。とにかくインを離さないのだ!しかし、進入スピードもできるだけ高く!
 と、がんばって何とかゴール。
 ゴールした時点ではベストタイム。しかし、これまで何度も煮え湯を飲まされているチャンピオン稲葉選手のゴールまでは喜べません。「中間、遅れた!」のアナウンスの後、ゴールはまだかと待つ時間約1分。
 チャンピオン稲葉選手が3位に終わり、私の優勝が決まりました。ここ数年で一番「居た回数」が多いオートパーク今庄。ポスターに使ってもらったのも3回目かな?4回目かな?で、やっと優勝することができました。なんか、嬉しい、というより、ほっとして涙が出ちゃいました。

 これでシリーズランキングは単独トップに浮上。チャンピオン決戦は次戦広島ラウンド@タカタ、最終戦決戦となりました。
 得意なタカタ、勝って締めくくりたいですね!

2016年全日本ダートラ第六戦@丸和っ!

必勝態勢の門前を落とし、切谷内はパルクフェルメに止まることすらなく、中だるみの様相を呈していた中盤戦。
第六戦は撃沈した開幕戦と同じく丸和オートランド那須での開催でした。

コース図が公開されると、ここ数年の開幕戦と違いAコース変形。他地区の人間には圧倒的不利!と思われるコース。これはどうなることかと思ったけれど、何とか2番手に滑り込むことができました!

13667875_1027650527356212_1293480086684326975_o

シリーズを考えると本当は勝ちたかった!けど、相手の土俵で2番手は最低要件は満たしたかな。

と、思ってたけど、映像見てると下手で凹むなー。

てわけで、今回新規導入のバンパー目線カメラ。実は車載はなぜかタイムラプスモードになっていて静止画が山盛り撮れてました・・・てことで、今回はこれしかない。
エンジンの前にあるせいか、室内のカメラよりエンジン音がよく聞こえて、アクセル抜いてるのがバレバレですね(^^;

2016年全日本ダートラ第四戦@門前は・・・

惜敗・・・ってことにしておきます。
今年こそは輪島塗のカップを!
と意気込んで臨んだ門前の大会。

タイヤを新発売のA053の195/65-15を投入。
浮き砂利路面もこれまで以上に行けるはず!

一本目は良かったんです。
まずはタイヤのお手並み?拝見・・・といった感じで攻めてみたら、
なんか不思議とそこそこうまく乗れた。
結果、ベストで折り返し。

二本目、路面がもっとザクザクになると読んでいたのですが、
今年もまた路面の作り方が違うようで、今年はなぜかあまり掘れない。
むしろ固い路面が顔を覗かせています。
ここでタイヤをA053の215サイズ(これまで使ってたやつ)にしようと思っていたのですが、
レギュレーション上それはできないことが判明。
かといって、こんなんになるなんて思ってないからA036も持ってきていないので、
結局一本目と同じタイヤで走ることに。

スタートしてすぐに「スピードが乗る!」と思ったのも束の間、
北陸コーナー入る手前でシフトミスをきっかけにオーバーラン・・・終わった・・・
と思ったが、一応最後まで攻めましたが、リズムが悪くメロメロ。
普通に走れば勝てた可能性が高かったのに、
またもや普通に走ることができずに撃沈。
精神力を強くするか、環境に左右されない何かをするか・・・考えなきゃいかんな。

・・・と、反省していたのですが、
区間タイムを見てびっくり。
二本目、オーバーランをした前半区間はそれでも区間2番手。
後半で遅れていることがわかった。
と、いうことは・・・心当たりは・・・。

後半戦に向けて、運転手のスキルアップ、プレッシャーにやられないための工夫、等々、
進めていきたいと思います。
まだまだチャンピオンは狙える!!と自分を鼓舞して。